スマイルデンタルオフィスの審美歯科情報

太田イオン前 日・祝も診療します。
TOP

機能性と美しさの追求 ―― 審美歯科

人間の笑顔を形作る要素に、歯並びがあります。歯並びが悪い、汚れが付着している、黄色くにごっている、など…口元の悩みは人それぞれですが、少しでも歯にコンプレックスをお持ちの場合、無意識の内に口を手で隠したり、思う存分に笑えなかったりなどと、行動が抑圧される傾向にあるようです。そういった傾向はストレスをため込む事にもつながり、口腔内の自浄作用のバランスを崩す、唾液の減少、などの症状が現れ、すなわち虫歯や歯周病を患いやすくなるといった悪循環に陥るのです。更には人間関係にまで影響を及ぼす事も容易に想像できます。

にっこり笑った口元が素晴らしい歯並びで、色も白ければ、爽やかな印象となります。口元に自信がもて、何も抑圧される事もなく、ストレスフリー。悪循環を断ち切るためには、悪いところを治すだけではなく、さらに審美的に磨きをかける事も重要です。

現在の歯科医療は「機能の回復」を目的とする歯科から、更に一歩進んだ「審美」面をも重視する、そういった時代になっています。スマイルデンタルオフィスでは、審美歯科の最先端技術を用い、審美面に対するニーズの高まりに応えています。


審美歯科とは

「審美歯科」とは、従来の虫歯や歯周病といった、歯や歯肉の病気を治すことが目的ではなく、もう一歩進んで、美しく健康な歯や歯肉を作ることを目的としています。これらの審美的な要素が加味された治療を施すことによって、笑顔に自信が持てるなど精神的にも大きな恩恵をもたらします。

一言に審美歯科といっても、単純に見た目をきれいにするだけが目的ではありません。審美歯科治療によって、正常な咬み合わせを作り出し、身体の機能をあるべき状態へ導くこともできます。また、歯にコンプレックスを持っていて、人と話し辛い、思いきり笑えない、という方の悩みを解消することも、審美歯科の重要な役割の一つです。 審美歯科の目的も、他の一般的な医療行為と同様、ひとりでも多くの方が豊かな日々を送ることができるよう、健やかな身体づくりに貢献することにあります。歯についてお悩みの方は、ぜひ当歯科医院までご相談ください。

もし、歯を失ったら

人は様々な原因で歯を失います。事故、病気、虫歯などなど――もし、あなたが歯を失ったら、その損失は計り知れないものがあるでしょう。天然の歯を再び取り戻す事は不可能です。歯の価値は金額では提示できない程のものです。

部分的に歯を失えばインレーやクラウン、全体を失えばブリッジ、入れ歯、インプラント等があります。――どのような形態にしろ、選択肢として「歯科材料」を選ぶ事になります。「耐久性のある材料」「見た目の美しい材料」「安価な材料」等、様々な材料、方法がありますが、材料によっては奥歯にキラリと輝く銀歯、明らかに一本だけ色が不自然な前歯――などなど、思い当たるフシはあるかと思います。

ですが、現在の歯科技術は格段に進歩を遂げ、天然歯と見分けが付かない程の技工物(詰め物や被せ物、入れ歯などの総称)が作製可能となっています。

天然歯に近い人工歯

どうすれば天然歯に近い人工の歯が出来るのでしょうか。

一番重要な要素は光です。歯の構造は右図のように、歯髄の周りを象牙質が囲み、更にエナメル質によりコーティングされた構造になっています。エナメル質は水晶と同程度の硬度を持ち、人体の中で一番固い組織で、光を透過する性質があります。その為、歯を良く見ると、エナメル質を介して象牙質の色が透き通って見え、歯の先端部分は乳白色の半透明となっています。

更には象牙質自体にも、若干光の透過性がある為、天然歯は輝いて見えるようになるのです。では、それらの天然歯の構造を人工的に再現する事が可能でしょうか?

答えはyesです。

3次元CAD/CADシステムの導入や天然歯に近い材料の開発などにより、人工歯の作製技術は格段に進歩しています。

天然歯に一番近い材料、ジルコニア

「オールセラミック」――近年ではかなり聞きなれた言葉ですが、オールセラミックの中でも材料はどんどん進歩しています。一時期は「ガラスのように衝撃にもろい、陶器と同じで欠けやすい」などと言われていましたが、現在は新しい材料「ジルコニア」の登場により、曲げ強度1120MPa、弾性係数210GPaと非常に高い強度を誇る物となっています。このジルコニア、光の透過性に優れる為、天然歯とほとんど見分けがつかなく、ちょっと注意が必要だった氷などの噛み砕きも全く問題ありません。「金属のように固いガラス」として、ジルコニアは宇宙開発にも利用されている材料です。

審美性比較

ジルコニアオールセラミック

天然歯でいう象牙質部分にジルコニアなどを用い、その周りもセラミックを用います。光の透過性が大変優れているため、天然歯とほとんど見分けが付きません。また、金属未使用の為、金属アレルギーなどのリスクが解消されます。ジルコニアは生体親和性に大変優れた素材でもあります。

メタルボンド

天然歯でいう象牙質の個所に金属を用い、その周りをセラミックで覆う手法です。 奥にあるのが金属性の為、光の透過性をあえて落としているため、天然歯と比較すると若干暗くみえます。

ハイブリッドセラミック

ガラス繊維のフィラーと、レジン系樹脂を合わせた材料です。フィラーを含有することで従来のレジン製品に勝る強度と品質を誇ります。オールセラミックやメタルボンドと比べると劣りますが、耐摩耗性なども考慮されています。

メタル

一般的な金属の歯です。銀歯であれば保険が適応される為、比較的に安価に作製可能です。丈夫ですが、目立ちやすく、一目でそれとわかります。金属アレルギーの問題も懸念されています。

レジン

インレー(詰め物)や欠けた先端部分などを補修するなど、様々な場面で使用される一般的な歯科材料ですが、色の沈着が大きく変色しやすい、摩耗しやすいなどの欠点があります。
ジルコニア
オール
セラミック
メタルボンド ハイブリッド
セラミック
レジン メタル
審美性
自然感のある審美治療
ブラックマージンの出現に注意
審美性が徐所に失われる
審美性が徐々に失われる
×
金属色のため審美性に劣る。通常は奥歯に使用。
親和性
金属未使用のため、アレルギーの心配はない
金属アレルギーの可能性がある
金属アレルギーの心配はない
金属アレルギーの心配はない
金属アレルギーの可能性がある
耐久性
耐久性に優れている
耐久性が非常に優れている
耐久性に優れている
×
金属やセラミックに比べ摩耗しやすい
耐久性に優れている
迅速性
製作に時間がかかるため通常3〜4回の通院が必要
製作に時間がかかるため通常3〜4回の通院が必要
製作に時間がかかるため通常3〜4回の通院が必要
レジン充填は早く済む
製作に時間がかかるため通常2回の通院が必要
経済性
手作りのため高コスト
金属の使用や手作りのため高コスト
加工が難しいため患者負担も大きい
保険適用のため低コスト
保険適用のため低コスト

3次元CAD/CAMシステム

近年では、技工物(詰め物や差し歯、入れ歯などの総称)を作製する際に、3次元CAD/CAMシステムを利用する事が主流となってきています。

患者さんの口腔内を再現した石膏模型を特別な装置でスキャニングし、システム上にて3次元の口腔内を再現します。そして、システム上にてどのような形状の技工物であれば違和感なく収まるかを計算し、1本1本モデリングしていきます。完成したデータを基に、今度はジルコニアやチタンなどの塊を削りだします。

これらのシステムにより、ジルコニアなどを扱う技工物がより高精度に、より短期間で作製可能となりました。もちろん、審美的な面で一番重要となる表層部分は人間の手で一つ一つ丁寧に作られています。

施設外観画像