スマイルデンタルオフィスのインプラント情報

太田イオン前 日・祝も診療します。
TOP

スマイルデンタルオフィスのインプラント治療

スマイルデンタルオフィスでは患者様のご要望にお応えすることで、今まで多数のインプラント治療を行ってきました。多数の治療により経験と知識を培うことで、私達は自信を持って患者様に当院のインプラント治療をお勧めしております。

精密な診断に基いた正確なインプラント治療を施すため先進機器を導入、治療手順や内容を可視化し、患者様に充分なご理解をいただいてから治療に入ります。

一度埋入したインプラントを長期に機能させるためには最適な箇所への埋入が重要です。当院ではシミュレート通りに理想の埋入を実現するため「サージカルガイドシステム」を導入しております。

正確で安全「サージカルガイド」システム

3DCTによるスキャン後、システム上で計画した埋入位置に正確にインプラントを埋め込むため、デジタルデータからサージカルテンプレートを作り、患者様のお口の中に固定して、インプラントを埋入します。 症例によっては歯肉を切り開かないため出血が少なく、腫れや痛みを最小限に抑える低侵襲のフラップレス術式が可能になります。

患部を3次元で捉える、SIRONA社レントゲン機器

当医院では、SIRONA社の3次元レントゲン機器、「ORTHOPHOS XG 3D」を導入しております。この機器により、患部を3次元で捉える事ができ、より正確な治療計画を可能としております。また、3Dビューにより、患者様に治療内容を容易に把握して頂く事も可能です。

治療期間の短縮を目指すために

抜歯即時埋入

その名のとおり、抜歯したその日にインプラント手術を行うため、外科処置は一回になり、治療期間が大幅に短縮され、インプラント手術を受ける患者様の身体的・肉体的負担が軽減されます。また、歯肉の形も維持しやすく、抜歯直後にインプラントを埋め込むことで、手術時の傷の回復が早まる事が期待されます。

即時荷重インプラント

即時荷重インプラントとは、インプラントを埋入した直後に固定式の人工歯をとりつける治療法です。歯科治療の先進国である欧米を中心に主流となっている治療法で、手術当日に歯の見た目とある程度の噛む機能を取り戻すことができ、食事をとることができるので、患者様の生活面・精神面での負担を大幅に減らせることができます。

患者様のための4Sコンセプト

Short治療期間短縮

効率的な治療計画で無理なくムダを省く。

Small低侵襲

術式のおける人体への負担(=侵襲)を抑える。

Simple簡単・簡便

治療の工程をなるべくシンプルにわかりやすく。

Safe安全

清潔な環境で安心安全の術式を提供。

インプラント学会「指導医」による施術

スマイルデンタルオフィスのドクターは、「国際口腔インプラント学会」の指導医です。当学会はドイツを拠点に世界中の歯科医師達がインプラント医療の発展の為に様々な情報交換、技術供与等を行っている歴史ある学会「DGZI」の日本支部となります。当学会に認定される為には、様々なインプラント施術の症例を発表し、実績を認めてもらわなければなりません。認定された後も、講習を定期的に受講しなければならない等、インプラントに対する知識を積極的に吸収していく姿勢が大切となります。
国際口腔インプラント学会HP

専用オペルーム

当歯科医院では、インプラント埋入手術のため、専用のオペルームを設けています。
慎重に行うべきインプラント埋入手術だからこその配慮、他人の目を気にせず、安心して手術に臨んで頂けます。

インプラントって何ですか?

人工の歯の根を骨に埋め込み、その上に冠をかぶせる方法です

歯が抜けてしまうと従来までは入れ歯にするか、健康な歯を削ってブリッジにするか、という方法しか選択できませんでした。 しかし、これらの方法は残っている天然の歯に負担をかけることにもなります。特に着脱式の入れ歯は、安定感も悪く機能面や外観においても満足できないものがありました。

インプラント治療は、これらの問題を解決するために開発された歯科医療技術で、すでに30年以上の臨床実績があります。当院使用のインプラントシステムは、生体になじみの高い純チタンを材質としており、安全面においても高い信頼を得ています。

インプラントの構造

歯の抜けたところに、フィクスチャー(人工歯根)を埋め込み、その上にアバットメントを介し人工の歯を取り付ける治療です。チタン製のフィクスチャーと顎の骨が一体化し、歯が復元できます。

  • インプラントによる入れ歯なら、天然の歯とほとんど同じ感覚で噛むことができます。
  • 自然な外観や表情を取り戻すことができ、人前で話すことも全く不安なく行えます。
  • 噛む機能が回復することで、食べ物の制限がなくなり、バランスのよい食事が楽しめます。楽しい食事は身体を健康に保つだけでなく心までも健康にします。

インプラントとこれまでの治療の比較

部分入れ歯

入れ歯がズレたり、食べ物が内側に入ると痛みを感じます。また、保険適応の金属製バネの場合、笑うとバネ部分が目立つこともあり、場合によっては一目で入れ歯だとわかります。

ブリッジ

両隣の歯を削り、橋渡しのように人工の歯を被せる治療法です。健康的で全く問題無くても歯を削る事になります。

インプラント

健康な歯をまったく削りません。見た目にもきれいになり、しっかり固定されるので入れ歯のような不快感もほとんど感じられず自分の歯のように食事が出来ます。

インプラントの治療の流れ

レントゲンなどによる必要な診断を行い、治療計画等をご説明します。

抜けた所にインプラントを埋め込み、骨に固定するまでは2ヶ月程待ちます。

骨に固定されたインプラントに土台を立て、型をとって冠を作ります。

アフターケアとして正しいブラッシングを行ってください。最低でも3ヶ月に1回、定期的に検診を受けてください。

入れ歯はゆっくり歯を抜く器械

入れ歯(部分義歯)の欠点は、違和感、不便、良く咬めない、発音しにくい、年寄りくさい等ですが、実はもっと致命的な欠点があります。

部分義歯ということは、部分的に自分の歯が残っているということです。部分義歯とは、この残存歯に、いわゆるバネをかけて口の中におさめている義歯のこと。つまり、残存歯につかまって義歯を安定させて、動かないようにしているのです。ところが、食事をする度に、義歯に力がかかり、残っている歯をゆすることになります。例えば、地面に入れた杭を毎日ゆすっていれば抜けてしまでしょう。前の歯に助けを求めバネをかける。そして、また抜け落ちる。また、前の歯にバネをかける。そして、究極の義歯「総義歯」へ一気にむかうのです。

現在、部分入れ歯を入れている方、これから入れようとする方は、毎年1本ずつでも、インプラント治療を検討してみてはいかがでしょうか。

歯がなくなった時の最良の選択はインプラントである

両脇に歯が残っていればブリッジという方法がありますが、このブリッジにも欠点があります。両側の歯を削って傷つけなければなりません。
歯の表面は1ミリ位の厚さのエナメル質におおわれていますが、これが虫歯菌にとても強いのです。なかなか虫歯が大きくなりません。ところが、その下の象牙質は虫歯菌にとても弱く、虫歯が速く、大きくなります。 ブリッジにする時に、この虫歯菌に強いエナメル質を全部削ってしまうのです。 インプラントにすれば、両隣の歯はまったくさわらないで、歯が入るのです。 この虫歯に強いエナメル質は1億円かけても、神様でなければ作ることはできないのです。
施設外観画像