スマイルデンタルオフィスのダイレクトボンディング

太田イオン前 日・祝も診療します。
TOP

ダイレクトボンディング

ダイレクトボンディングは、チェアサイドで直接口腔内に多種類のプラスチックを盛りつけ歯を形成していく治療です。色調や透明感の異なる歯科用レジンを多種類用いる為、通常の保険適用の治療と比べ、自然な歯を再現することが可能です。また、その場で治療が可能なため、一般的な治療(歯型を取り、技工所で人工歯を作成)と比べ、驚くほど短時間での治療が可能です。

天然歯は、エナメル質、象牙質、歯髄の3種類の構造になっており、それぞれの層で光の反射が異なる為に、複雑な色調を構成しております。従来の歯科用レジンでは、このような複雑な歯の質感を再現することが困難でしたが、近年は様々な歯科用材料が揃い、多数の色調を積層築盛することで、チェアサイドでも天然歯のような自然な歯を再現できるようになりました。

この様な事でお困りの方、ご相談下さい。

  • 歯を削る量を少なくしたい
  • 前歯の隙間が気になる
  • 虫歯をキレイに治したい
  • 歯がかけてしまった
  • 以前に治療してもらった詰め物が変色
  • 金属の詰め物を白くしたい
  • 歯の形が気に入らない、歯の形を治したい
  • 型取りが煩わしい方

ダイレクトボンディング治療例

上顎前歯部はその人の印象を左右するほどに重要なパーツです。前歯部の形状に満足がいかないパターンでも上図の様にダイレクトボンディングで治療可能です。多数の色調を重ねる事により、ほとんど天然歯と見分けがつきません。(※右図中、白い箇所が治療箇所になります)

事故によって前歯を欠損してしまった患者様です。ご覧の様に天然歯との境もなかなかわかりづらく、自然な仕上がりとなりました。この様な症例にもダイレクトボンディングで治療可能です。

古い治療による保険物の金属インレーをダイレクトボンディングで再治療致しました。この様に、審美性も回復出来るため、銀歯では恥ずかしい、といった方もご相談ください。

前歯部のスキ間が気になるとの事でダイレクトボンディングを施しました。通常の保険診療では行えませんが、審美性の回復に大いに役立つ治療法です。

ダイレクトボンディングの特徴

歯への負担が少ない

ダイレクトボンディングは、必要最小限の範囲のみを削って治療する事が可能であり、セラミックの審美的な被せ物(クラウン)や詰め物(インレー)に比べ、歯を削る量を抑えることができますので。歯への負担が少なく、優しい治療法です。

自然な色調の歯を再現

天然歯はいくつかの層にわかれている為、複雑な色調をしています。ダイレクトボンディングは天然歯と同様に、色調や透明感の異なる歯科用レジンを多種類使用することで、自然感あふれる歯を再現することができます。

短期間で治療できる

直接口の中に歯科用レジンを詰めるため、歯型を採って歯科技工所で製作する審美系の被せ物やインレーよりも短期間で治療できます。

変色しにくい

保険適用の歯科用レジンよりも変色しにくく、定期的なメンテナンスできれいな状態が維持することができます。

部分的な補修ができる

その後の使用により治療部位がかけてしまった場合や変色した場合でも、その部分だけを補修することができます。

施設外観画像