群馬県太田市の歯科医院スマイルデンタルオフィス

TOP

高精度入れ歯

口腔内の状態を正確に判断し、診療計画を立案する。そして、収縮性の少ない材料を選び使用する事によりガタつきを少なくする。また、残留モノマーなどアレルギーの原因となる物質を排除し身体に非常に優しい入れ歯を目指す。スマイルデンタルオフィスが提唱したい入れ歯の形です。

一口に入れ歯と言っても、床や人工歯の材質の違い、患者様の症例に合わせたアタッチメント類の選択により、様々な入れ歯が作成可能となります。下記に紹介した物は一部であり、下記以外にも患者様個々の症例に合わせ、色々なアタッチメント、材質を考える必要があります。

入れ歯専門外来

入れ歯を専門に勉強をしたドクターがあなたにあった入れ歯を製作します。

歯科医師隣谷 雄人

経歴

  • 私立 成蹊高校 卒業
  • 日本大学歯学部 卒業
  • 日本大学歯学部付属病院 補綴学1(義歯)教室入局
  • 新宿 川口歯科診療所 入社

歯科医師須田 誠基

経歴

  • 明海大学歯学部 卒業
  • 栃木県 埼玉県にて勤務

ノンクラスプデンチャー

気になるバネ部分(クラスプ)を床と一体化させる事により目立たなくさせた入れ歯です。

大変シンプルな構造であり装着している事が気づかれにくく、審美性に大変富んだ入れ歯です。また、使用している材料はノンクラスプデンチャー用に開発された材料であり、薄く、軽く、弾力性に富み、残留モノマーが皆無な為アレルギーの心配もなく、着色、匂いが付きにくくなっています。

材料によっては、破損時の修理も可能です。

  • 薄く、軽く、弾力があるため、装着感が良い。
  • 入れ歯だと気づかれにくい。
  • 金属未使用により、金属アレルギーの心配がない。
  • 残留モノマーが皆無な為、着色・臭いが付きにくい。

金属床

一般的な樹脂床の入れ歯に比べ、厚さを約1/3以下に製作可能です。薄く製作することで、発音や嚥下などの口腔機能を妨げる事が少なくなり、また、熱伝導性が高いため、食物の味をよく味わえるという利点があります。

名称 特徴 比較
純チタン 義歯床の中で最も軽量で丈夫な純チタン床は生体親和性にも大変優れている為、アレルギーの心配もほとんどなく、現在最も最先端を行く義歯床です。
  • 強 度
  • 軽 さ
  • 適合性
  • 親和性
チタン合金 チタンは表面に人間の骨組織に近い皮膜を持ち、金属イオンの溶出を防ぐので生体親和性に優れています。そのため、金属アレルギーの心配がほとんどありません。
  • 強 度
  • 軽 さ
  • 適合性
  • 親和性
コバルトクロム合金 最も症例の多い金属床で、古くから提供されているため安心して導入可能です。熱伝導に優れ、加工精度が優れています。
  • 強 度
  • 軽 さ
  • 適合性
  • 親和性

ソフトデンチャー

歯肉にあたる部分に弾力性のある軟性樹脂(シリコン状の素材)を使用しているため、歯ぐきに加わる負担を軽減させ痛みを感じにくい入れ歯です。

  • 弾力性のある樹脂のため痛みを感じにくい。
  • 柔らかい素材を使用する為、使用していても割れにくい特性。

アタッチメント義歯

スマイルデンタルオフィスでは審美的にも残存歯にも優しい、アタッチメント義歯につきまして豊富な技術を提供しております。過去の入れ歯修理などについてもご相談下さい。

ロケーター
ロケーター
  • 可撤性
  • 安定性
  • 審美性
  • 耐久性
  • 清掃性
  • 経済性
  • インプラント対応

ロケーターシステムは、オーバーデンチャーの維持装置を簡便に作製できるシステムです。固定源がしっかりと確保されるため入れ歯が安定し、患者様ご自身が入れ歯を取り外しできるため清掃がしやすくなります。

クーゲルホック
クーゲルホック
  • 可撤性
  • 安定性
  • 審美性
  • 耐久性
  • 清掃性
  • 経済性
  • インプラント対応

クーゲルホックは、プラスチックの持つ弾力性を維持力として応用した、ホック式ノンクラスプ有床義歯アタッチメントです。着脱を続けることで経年劣化し維持力が低下した際はフィメールを除去し、新しいフィメールと交換します。

磁性アタッチメント
磁性アタッチメント
  • 可撤性
  • 安定性
  • 審美性
  • 耐久性
  • 清掃性
  • 経済性
  • インプラント対応

磁石により入れ歯を固定する方法を用いた入れ歯です。

支台歯に磁石と相性の良い金属(キーパー)を装着し、入歯側に超小型磁石を取り付け、磁力により装着します。磁力を利用する為、必要以上の負荷がかかっても支台歯に無理な負荷がかからないようになっています。磁力の強弱により、維持力をある程度コントロールする事も可能なので、支台歯の健康状態、症例によって、様々な応用が可能となります。

また、インプラントへの応用においても、植立方向が多少悪くても問題とされないことや、バーアタッチメントのように連結する必要がないため、植立位置に制限がなく、天然歯との併用も容易におこなうことができます。

コーヌスクローネ
コーヌスクローネ
  • 可撤性
  • 安定性
  • 審美性
  • 耐久性
  • 清掃性
  • 経済性
  • インプラント対応

コーヌス義歯は、残存歯に金属冠をかぶせ、その上から筒状に、茶筒のフタの様に装着する入れ歯です。入れ歯と残存歯が「一体化した固定装置」となり、入れ歯をしっかりと支えることが可能となります。

支台歯にかかる負荷は上下の負荷のみで、バネ(クラスプ)のように横からの負荷がかかる事も少なく、残存歯に非常に優しい入れ歯とも言えます。ものを噛む能力が非常に高く、クラスプを必要としない為、審美性にも優れており、症例に対する応用範囲も広くなります。

精密印象

精密印象

適合精度の高い入れ歯を作成するためには、患者様の口腔内を正確にトレースすることが大切な作業となります。当院では、歯型の採取時に患者様一人ひとりの口内に合わせ個人トレーを作成、収縮の少ないシリコーン素材を利用する「精密印象」を行っております。

AGC

AGC

「AGC」は、電鋳法を利用して99.9%の純金キャップを制作するシステムです。当院では、AGCを維持装置として、コーヌスの内、外冠、そしてインプラントの上部構造への応用をすすめています。「AGC」は1986年から臨床使用がはじまっている実績豊富なシステムです。

各義歯床の特性

金属床
(メタルプレート)
熱可塑性レジン床 レジン床
特徴

一般的なレジン床に比べると、厚さを約1/3以下に製作可能であり、発音や嚥下などの口腔機能を妨げる事が少なくなります。また、熱伝導性が高いため、食物の味をよく味わえるという利点があります。

従来のレジン床に比べ、強靱で丈夫な特徴があります。耐熱温度が100度以上、高弾性、高強度。 また、吸水性が低いため、匂いや着色が少なくなります。

保険給付内義歯として最も多く使用されています。安価で制作できますが、強度は金属床より劣り、異物感も大きいようです。熱伝導性も悪く、食事がおいしくなくなってしまうなどのデメリットがあります。

強度 優れている レジン床より強い 金属床より劣る
厚さ 薄い レジン床より少し薄い 厚い
違和感 少ない 多い 多い
熱伝導 良い(味覚を損なわない) 悪い 悪い