群馬県太田市の歯科医院スマイルデンタルオフィス

TOP

矯正歯科

「矯正歯科」とは不正咬合や顎変形症を治療する科目であり、歯科における科目の一つとしても認められています。ワイヤー等の矯正力により歯を移動させる、あるいは顎骨の形態変化を起こすことで、審美性や機能の回復を目的とします。

綺麗な歯並びは健康の元

歯並びの善し悪しは顔の印象を大きく左右するため、誰もが綺麗な歯並びにあこがれます。顔貌への影響のみならず、咀嚼などの身体機能にも大きく影響が及ぶため、歯並びの善し悪しは大変重要になります。近年では健康を回復する為に歯列矯正を検討される方も大変増えています。

特にスポーツをされる方にとって、歯の噛み合わせは見過ごせない程に重要な要素をはらんでいます。マウスピースなどを装着する事で筋力を最大限発揮するなどの調整もありますが、根本的な歯並びの矯正も視野に入れて治療される事も大切です。

スマイルデンタルオフィスでは、3Dレントゲン機器、「ORTHOPHOS XG 3D」により、患部の様子を立体的に的確に捉え、最適な矯正方法を模索する事が可能となっております。まずはご相談ください。

キレイな歯並びとは?

キレイな歯並びとは、全部の歯がしっかり咬みあっている状態のことを指します。歯をかみ締めた状態で、正中線が天地に向かいまっすぐである事、正中線を中心にして左右対称にキレイにならんでいるのが良い歯並びとされています。さらに、上の前歯が下前歯にほんの少しだけかぶさっていると、歯とアゴのバランスも良いということになります。

歯並びが悪くなる原因

歯並びが悪くなる原因は、人によって様々な原因が考えられています。とくに多い歯並びが悪くなる原因を紹介します。

柔らかい食事最近歯並びが悪くなると悩む人が増えている理由として食生活の変化がみられています。
哺乳瓶赤ちゃんのあごの成長を邪魔している原因のひとつは「哺乳瓶」なのです。
悪いクセ爪を噛むなど日常生活の無意識な悪い癖なども歯並びを悪化させる原因のひとつです。
ストレスストレス状態にあると食欲を失い、食べ物を口に入れてもかむ回数が減ってしまいます。かむ作業が減るということは、それだけあごの成長が遅くなり、歯並びに悪影響を与えます。
虫歯虫歯があると、それを避けようとして無理なかみ合わせをする傾向が歯並びを悪くさせます。

目立たない矯正治療

スマイルデンタルオフィスでは、目立たず透明に近い、取り外し可能なマウスピース型の矯正装置「スマイルトゥルー」をご提供しております。

透明で目立たない、可撤式の矯正装置ですから、普段の装着も目立たず、食事の時は取り外して普段通りに食事をお楽しみ頂く事ができます。

治療計画に基づき「アライナー」と呼ばれる透明で可撤式のマウスピース型の矯正装置を、患者様ひとりひとりに合わせてご準備します。アライナーはひとつではなく、目標とした歯並びに近づけるべく、少しずつ形状を変えたものを、通常は2週間毎に交換しながら使用して頂き、歯を除々に移動させます。

治療の流れ

問診・診察

まずは問診から。患者様のお考えをじっくり聞かせていただきます。問診を元に診断し、どの程度まで歯を移動させる事が可能なのか、またスマイルトゥルーの特徴などをご説明致します。

3Dよる治療計画

採取した歯の型をスキャンし、3次元形状でモデル診断します。それに基づき、マウスピースの形状、目標の歯並びまでのステップを計測、治療計画を立てます。

アライナー作製

治療計画に基づき、アライナーを作製いたします。

治療開始

治療開始です。アライナーに関する注意点、使用方法をご説明致します。その後も経過確認のためにご来院いただきます。