自費診療から保険診療まで スマイルデンタルオフィス

太田イオン前 日・祝も診療します。
TOP

自費診療から保険診療まで

スマイルデンタルオフィスでは、自費診療から保険診療まで、幅広く患者さんの要望に応えるべく努力しております。そして、自費と保険、どちらの治療をご選択されるのか、治療前に判断材料になる情報を提示しますので、じっくりご相談しましょう。
まずは患者さまにとって、ベストな治療方法を話合い決定する――それが当院の治療方針です。

自費診療について

自費診療のメリットは、高度な先進医療を制約無しに受けられ、使用する歯科材料も高度な物を使用する事が出来るため、本物の歯とほとんど変わらない人工歯を再現する事が可能となる事が挙げられます。口元に自信を持て、人前でも積極的になれる、また、虫歯が再発しにくい、金属アレルギーのリスクから解放されるなど、様々なメリットがあります。

歯の治療を受けたあとの長い人生、人目を気にしながら生きるのか、
それとも素敵な笑顔で生きるのか――

個人の主観の問題でもありますが、歯の治療痕が目立つと、他人からは魅力が半減して見えるのも事実です。病気による後遺症、事故による損失など、原因は様々であるのにも関わらず「歯の手入れを怠り、虫歯になったのかな?」と、思われてしまいがちです。

メリット

  • 高度先進医療が制約なしに受けられる。
  • 長期的に計画性を持った治療が受けられる。
  • 治療に先立ち予防・管理が行える。
  • 見た目に美しい差し歯や入れ歯が手に入る。

デメリット

  • 保険診療より治療費が高額になる。
  • 治療時間・期間が長い。

自費診療の主な材料

オールセラミック

オールセラミックという言葉、今では一般的になっていますが「ガラスのように割れやすい」といったイメージが以前と残っています。ですが、現代のオールセラミックの技術は進歩を遂げ、新材料の出現により「金属のように固いガラス」として以前のイメージを払拭しつつあります。そして、オールセラミックの最大のメリットは「天然歯と見分けがつかない」という事に尽きます。ブリッジや差し歯などの技工物では、コアにメタルの材料を使用し、表層をセラミックなどの材料で覆うという手法もとられていますが、オールセラミックになると、コア部分も表層部分も全てセラミックとなります。そうなると、光の透過性に優れたセラミックは本物の歯と変わらない光沢を有し、天然歯とほとんど見分けがつかなくなります。

メタルボンド

天然歯でいう象牙質にあたる部分に金属を用い、その周りをセラミックなどで覆う事により、大変優れた強度を誇ります。デメリットとしては、金属を使用する事により、金属アレルギーなどの症状を引き起こす事が懸念される事、治療後数年経過すると、歯と歯茎の境目に露出した金属が黒い溝のように見えてしまう事です。また、コアが金属性の為、天然歯と比較すると若干暗くみえます。

ハイブリッドセラミック

ガラス繊維のフィラーと、レジン系樹脂を合わせた材料です。フィラーを含有することで従来のレジン製品に勝る強度と品質を誇ります。オールセラミックと比べると劣りますが、耐摩耗性なども考慮されています。

保険診療について

私たち日本国民は、「国民皆保険制度」によって、社会保険または国民健康保険に加入する事が定められています。これら健康保険は、私たちが病気になり通院や治療を必要とした時に、治療費の一部を自分で負担し、残りは国が負担するという制度です。これは世界的にもとてもすぐれた制度で、その恩恵を受け日本人の平均寿命は常に高いレベルで維持されているといえます。

では、歯科医療の現場においてこの制度はどこまで治療費を負担してくれるのでしょうか?

まず、この制度の考え方としては「余計な贅沢品は保険として認められない」という考え方があります。「余計な贅沢品」とは「輝く健康的な歯」の事を指します。審美的に優れたセラミック素材よりも金属の歯を、目立たない白いクラスプよりも金属クラスプを――。
現在の「健康保険制度」のあり方は「機能的に健康状態が維持されればそれで好し」といった考え方に基づいています。その為、審美的な面でのサポートまで保険ではとても適応されません。

ですが、保険診療で使用されている金属やプラスチックの材料は、口腔内で腐食したり、細菌(プラーク)が付着しやすくなる、また金属は長年口腔内に留めておくと、金属アレルギーの危険性もあります。そして、保険診療によって入れた差し歯や入れ歯が恥ずかしくて人前では笑えなくなってしまい塞ぎこんだ生活が続いてしまう――など、精神面でも多大な悪影響を及ぼす可能性があります。

保険診療では輝きに限界があるのです。

とはいえ、保険診療ならではのメリットもあります。保険により患者個人の負担額が最小限に抑えられる事。日本での歯科治療に掛る個人負担分は欧米と比較しても5分の1から10分の1と、かなりの低価格です。そして、選べる材料・技術が国によって制定されているため、どこの歯科医院でもほぼ同一料金で、一定品質の治療が受けられることも大きなメリットです。

メリット

  • 個人負担が少ない。
  • 一定品質の治療が可能。

デメリット

  • 材料選択の範囲が限られている。
  • 審美面で限界がある。
  • 材料によってはアレルギーの心配も。

保険診療の主な材料

メタル(金銀パラジウム合金)

一般的な銀歯です。保険が適応される材料の為、比較的安価に作製可能です。丈夫ですが、目立ちやすく、一目でそれとわかります。金属アレルギーの問題も懸念事項です。

レジン

インレー(詰め物)や欠けた先端部分などを補修するなど、様々な場面で使用される一般的な歯科用プラスチックですが、色の沈着が大きく変色しやすい、摩耗しやすいなどの欠点があります。

施設外観画像